FC2ブログ

白碧の星 2




桜はなにか押し付けられた感覚で目を覚ました。

そこは完全な洋づくりの部屋で、身のみが酷く怯えた。

外国の物事や人に対して抵抗が無いわけではなかったのだが、異国の人間を見るのは初めてで、酷く萎縮してしまっていた。


身の危険すら感じた桜でもあったが助けられた事に気がつくと。
「今は身体を休めて・・・眠っていい。」


紫濃の長い髪を持った青年とも年配とも取れる姿。

どこか遠くで合った事があるような人柄に、桜は惹かれた。

その男性は、相当無理して飛んできた桜を察し、彼は脇に置いてある数多くの薬品の瓶のいくつかに手をつけ、飲むよう勧めた。

彼の名はRigelライジェル。
冬の寒空に大空をまたいで移動する源氏星からつけられた彼の名から、桜が解る事は周囲から期待をもって付けられた事だった。



「大丈夫。」

怯えきって、薬を手に取ろうとしない桜をみるとベッドの脇に置いた。



蒼、赤、などの様々な色の瓶、ガラスでできた西洋の器が午後の日差しが優しくさしこんでいる。

あたたかな日差しの空気が部屋を、薫りの一段と良いエッセンスを抽出するためのフラスコがぐつぐつとアルコールランプの炎から熱せられ、どんどんその芳香でもって部屋を満たした。

時計が音をたてる。

ガッコンと鳴るとオルゴールが響きわたる。


記憶にはっきりと刻まれた旋律に桜ははっとする。

オルゴールの方をはっきり見ている桜を、ライゼルは驚きを隠せず見ていた。

見た事のある指の形。

似ている髪の細さ。

肩の形から肌の白さまで、そして足の爪の形までもが全てを覚えている。

忘れる事のない。

かつて愛した人の姿形に。

ライジェルはその遺影を桜に写していた。




部屋に彼女を残して扉を閉めた彼は思い起こしていた・・・・・・。




過去。
紅い炎を背に赤茶く日に焼けるように透けた黒髪を。
その光景はまさしく鬼神とも、悪鬼ともいえぬ姿で「紅葉」と言う・・・その名を。

もう居なくなってしまった。
その姿そっくりの娘が扉の向こうで、いままさに息をしているのだ。



ライジェルは拳を握りると、きつく爪をたてた。

信じられなかった。

自分をかたくなに拒み続け身すら抱く事も叶わなかった女の娘が部屋の向こうに居る。

それだけで全身をわなわなとふるえが襲った。

「紅葉・・・・どこで何をしていたんだ・・・」





お互いを解り合えていた恋人になるはずだった。
出会った時そう強く惹かれ。



抱いた強い愛ゆえに抗い続け。

離れてしまったのだ。




スポンサーサイト








「目より手や指のほうが優れているなんて・・・彼ら自身からしてみたら、光でも失わなければ到底理解しずらいだろうよ、人間たちは」

↓天文学者でありあるけみすとさんです(オリキャラ ) 


気がつけば・・・私は話が進むにつれて原作ぶち壊し系の人ですね・・・

10-08-14_001.jpg

えっと、長崎で起こる出来事のプロット組み立て中です。

大方のあらすじは決まってますが、桜の種族は目と嗅覚が人間より発達してる設定です。

主8 (薄桜鬼二次小説


 大きく白い羽根を広げると、あらかた旅の準備を済ませた桜が気流の流れを確かめていた。 


 上昇していく大きな空気の塊達は強く押し上げられ、さも天を仰いでいる。
 
 桜を誘うかのように。

 月はなく星空が瞬く。

 天の川は流れ、星が堕ちていく。

 幾筋も幾筋も、人の命が尽きるのを知らせるかのように数えきれない程消えて行った。

 また、糸のように堕ちる星もあれば、玉の様な楕円の形をした星も流れた。
 
 この空にはひとつとして同じ星はなく、万物を宿し、小さな点から輝きを放つ。
 
 月のない夜は果てしなく星屑の夜空が広がり、翼もまたそれに応え、天空に開かれた。







無題



 ◆
 桜は行った。
 話もせずに。

 行かせてしまったが、それで良かったのかは今は解らない。
 
 ただ、ただ、ここから何者かと新撰組の間で大きな戦争の渦に向かい始め、情勢が荒れ、彼女との連絡はつかなくなった。

 再会した時、俺の理性は羅刹の毒に侵され始めていて・・・・。


 記憶にあるのは、背丈の倍はある長さの太刀を振るい天空から駆け降り、敵を一度に何人もなぎら払う様を目にしたのを微かに覚えている。

 

 

主7   (薄桜鬼二次小説


 桜は混迷を深める自分の感情をつぶさに見つめていた。


 彼と会った時――。


 斎藤と会った時は何と思い感じたか。
 
 
 右も左も動けない状況で自分では気づかない孤独に、自然に淡々と桜の世界に入ってきたのは彼であって、ひとつひとつ周りの色がゆっくりと見え始めたのはその頃で、今では様々な音や色、臭いが飛び交う世界になってきていた。

 人に惹かれるとはこういう事を言うのだと母を思い出し悟った。

 今では故郷の出来事も遠く感じる。

 
 今この瞬間が大切。
 
 
 そう思う矢先に、髪の白化。
 
 
 
 桜は自分の白い髪を手にふれさせ、先に起こる事に思いをはせていた。

 長崎には仲間がいる――――。
 
 自分と同じ姿形をした仲間が・・・翼を持つ者達がいる。

 
 そう思うと胸が微かに踊り始めるのを感じる。

 期待と困惑と、入り混じり、その地が薩摩だと言う事も彼女の頭の中からは消えない。

 幾時が過ぎると時間の感覚は無に等しく。

 気付くと、脇には土方が立っていた。

 お互いの目を見る二人の間にはもう、お互いの想いを伝えたいことがはっきりと解り合っているかのように、時が流れた。

 「もうお前は、ここに居るべきじゃないのかもな・・・」

  土方のややさびしげな表情が桜を更に困惑させた。
 
  (自分は出て行きたくない)
 
  そう思う強い感情が桜の胸を走った。
 
  (そうだ、出て行きたくないんだ・・・)

  そう確信すると土方にすがるような眼で彼を見上げていた。
 
  土方は桜の気持ちを察して彼女の頭に手をやり、軽く撫でた。
 「もう、我慢するな・・・色々とあったからな」

 「土方さん、私は・・・ここに」
  
 「何時までもお前をここに置いておく訳にもいかねえよ・・・」
 
 桜は一番耳にしたくない言葉を聞いた気がした。

 今までの自分がどこか遠くに行ってしまうのを感じる。
 新選組には居られないのだと。
 

 
 一時が過ぎる。
 
 桜の身体から温度が抜ける。 
 
 薄くなる自分の意識。
 
 白くなりそうな世界。 
 
 力を使って変化するのは姿かたちだけではなった。

 土方が彼女の瞳をみると色が抜け落ちて行っているのも、はっきりと見て取れた。
 同時に彼女の意識も。薄く。それも解った。

 (主がいなければ自分の意志で動く事も難しくなっていくんだ・・・)

  
 桜は意識の底の方でそう自覚し、つぶやいた。


 「なにがあった?総司」
 
 沖田に問いただす土方。
 
 「土方さんは桜ちゃんと居たんだ?」
 
 
 気を失って眠りこむ桜を肩にもたれかけさせた土方は桜を見る。
  
 沖田は桜の寝顔をみると土方に辛辣な言葉を投げかけた。
 
 「桜ちゃんが気を失ってるのは土方さん何かやましいことでもしたんじゃないですか?」

 「どうでもいいことだが、そんなこと言ってる場合じゃねえだろうがよ」
 
 土方はイラつきと、ため息交じりに沖田に投げ返す。

 この土方や沖田を始めとする幹部達の肩や背中には新選組という重いものがのしかかっていて、桜を手放すかどうか選択を迫られていた。羅刹と権力者たちの背後関係。自分たちの立場。鬼という風間達の存在もあり、一概にもそうやすやすと桜を手放していい訳にもいかなかった。

 土方の中に一つの思惑がわきあがる。
 
 桜を信じる。

 それが何よりもの先を照らす道標になるかもしれないと土方は踏む。


 「桜さんはどうしたんですか?」

 土方、沖田が振り返ると声の主は眼をきょとんとさせ、二人に問いかけていた。
 
 雪村千鶴だった。

 彼女もまた桜の状態をみるなり、飛んでひるがえすと桜の部屋へ布団を敷きに行った。
 
 
 土方には千鶴の背中がどこか温もりを感じ、安堵を覚える。 
 
 ただ、沖田は少し機嫌が悪い。
 
 
 「桜ちゃんは僕が抱えていきますよ」
 
 そう言って彼女を土方から奪うような取り返すような、どちらとも言えない態度で抱き上げ床へ運んだ。

 沖田が桜を大切にしない理由は無かった。
 
 命の恩人のような存在で、労咳という病を持つ自分の身体を立て直していたのだから。

 
 
 沖田は自分の後から付いてくる土方に背中越しに話しかけた。
 
 「土方さん。桜ちゃんは戦力になるよ。手放しても敵に利用されるほどにね」
 
 土方の眉間がゆがむ。

 「逆に利用されでもしたら、それこそとんでもない事になりかねないと思いますよ」

 「何だ?」
 
 「便利でしょ、この子は」
 
  ・・・たとえ身元がばれても歴史の闇に隠されている種族であることは秘密を持つ新撰組には都合が良かった。
 
 「誰の意志か遺言でこうなってるんだか・・・」
 
 沖田は恨むような口調で口ずさむ。


 「俺のせいにしてーのかてめーは・・・!」
 
 「土方さんのせいだなんて何時僕が言いました?」
 
 沖田も土方につられて眉間を歪める。

 土方は沖田に噛みついていたが沖田の日頃の行いもあって、二人の絡みあいは終始決着がつかなかった。

 二人が桜の部屋に着くと斎藤も来ている。

 「副長・・・」
 
 なすすべべもなく立ちつくす斎藤。

 「すまないな斎藤・・・。桜に離隊の話をしたら眠るように倒れ込んだんだ・・・何が起こったのかはよくは解らない状態だが・・・」

 「斎藤さん。桜さんは私に任せてください」
 千鶴が話しかける。 

 あわただしく桜の部屋を中心にして人が行きかうと山崎と千鶴が手際よく支度を整え、蘭方医の松本良順を迎える準備をしていた。

 

 「本当に桜ちゃんを追いだすんですか?土方さんは」
 
 辛辣に再び沖田は言葉を投げかける。
 それにいつも言いあいをしながらでも受け止める土方をみて雪村千鶴は二人の関係をいつもつぶさに見ていた。
 「仲が良いんですねお二人とも」
 
 千鶴が会話に入るとその場の空気が一瞬にして変わるのだ。
 殺伐とした屯所にささやかな平和が戻る瞬間だった。

  

 「桜さんについては、心労からではないかと松本先生がおっしゃっていました」
 
 千鶴からそう聞いた斎藤はわかった、と返事をした。
 
 「あとで様子を見に行く」
 
 「はい。側にいてあげてください。じゃあ私は夕食の御膳を出してきますね」

 笑顔を見せて千鶴は斎藤から離れると広間へ向かった。

 
 何時ものように箸を進めるのは同じ者達で、桜に医者が来た事でいくらが安堵した雰囲気の中で食事がとられていた。
 
 「あれ、一君は?」

 ふいに沖田が千鶴に問う。
 「桜さんの所にいっていると思います」

 ふうんという表情をした後沖田は箸を置き、立つ。

 「じゃあ僕も見てこよっと」

 「沖田さんご飯とられちゃいますよ」
 くすっと笑う千鶴。

 「じゃああとで誰が僕の膳に箸をつけたか見ておいてくれる?千鶴ちゃん」
 千鶴に微笑をかえした沖田はその場を後にする。

 「こんな時に箸をつけれる人の気がしれないけどね・・・」
 平助が沖田の去った広間を声で満たした。
 「ね!新八っつあん!]

 箸をもって藤堂平助のおかずを狙おうとしていた長倉新八は不敵な笑みを見せている。


 桜の部屋の障子をそっと開け中に入る沖田。

 「総司・・・」
 
 「・・・ハジメ君も何も知らされてないみたいだね」

 「何かあるのか・・?」

 いささか余裕もなさそうな斎藤の表情を見て沖田は切り出す。

 「桜ちゃん眼を覚まして」
 
 「沖田・・・さん・・・」
 
 桜は手を伸ばす。

 それを手に取る沖田。

 斎藤はそれを見る。

 「桜ちゃん、主って何?」
 
 「やくそくを交わすものへの愛称・・・」

 うつろに桜は答える。
 「どうして倒れたのか教えて」

 「たましいうつしをしたから・・・」
 
 「それって何」
 
 虚ろに桜は答え続ける。
 「口うつしでいのちをわけあたえるの・・・」


 やっぱりといった顔で沖田は続ける。
 喋り終え、ぐったりとした桜の腕を持ったまま沖田は問い続ける。

 「主は誰かいるの?」

 「おきた・・さん・・だから・・・っ」


 「総司、桜とは以前約束を交わした事があったが、俺から破棄したんだ。その後桜の口から聞いたことだが・・・」

 「桜ちゃんと何の約束をを交わしたんだ、一君は・・・?」

  斎藤は沖田の様子を見て、牽制を受けている事に気付く。

 「総司お前、桜を・・・」

 沖田は斎藤から奪う様な勢いで、執拗に問いを続ける。
 「桜ちゃんよく聞いて。君はどうしたいの?言って」

 「・・・彼と・・のやくそくと共にいきられないなら、せめて今ある約束と共に・・・・・・・」

 「僕は君がいなければ生きられないよ」

 二人の交わし合うその言葉に斎藤は驚愕した表情を見せる。

 「だから・・・君も生きて!・・・僕の命が尽きても 」

 強く呼び掛けた沖田の言葉が動力のように桜に働きかける。人形のようになっていた女の身体に生命力が宿って行き、目の焦点が合いはじめる。

 その様子を斎藤はじっと見、桜の部屋を後にし、出て行ってしまった。

 無理もなかった。


 「酷だったかな・・・でも君が目覚めたなら、いろんな事も大丈夫だと思うよ」


 沖田は桜にそう語りかけた。

 


 そして、桜が倒れた日から十日ほど経つと桜の処遇が決まった。

 「お前に薩摩の動向を伺ってもらうことになった。いいな?」


 土方のそういった命令には仲間として置いておくことと、桜の自由も保障する信頼の意味が込められ、彼女自身の心にまで土方の想い伝わっていた。

 「長崎へ―。」

 その言葉と入れ替わるように、藤堂平助には心境の変化がおとずれ、斎藤には桜の幻影がつきまとい、原田には大陸への想いが強くなり、土方には伊東の動向が、沖田には進む病状に対し生きる覚悟が日増しに強くなり、千鶴には鬼の暗躍による運命のいたずらが待っていた。

 


 

主6    (薄桜鬼二次小説

"人に言えない事をしている。"

 沖田の体調を改善させるためにしている事なのに
桜はどうしても自分のしている事に確信が持てないでいる。

 桜自身が"桜"であることの意味について考え始め、迷い始め、力を使えば使う程、倫理観も何もかも吹っ飛んでしまうのを感じていた。

 ”力を使う過程で唇を合せる”

 この事が桜を更に混迷の境地に追いやって行った。
 なぜなら唇を合せると言う事は嫌でも好きな相手を思い出させるのだから。

hakuouki-d03blog_convert_20100809072318.jpg



 縁側に座って側に立つ木を見あげると、母鳥が子に餌を与えている。
 「さくらちゃん。」
 沖田が桜をみつけて近寄り"あかり"をねだる。

 桜は唇合せてくる男性の気配に吃驚する。
 あわててそれに合せ桜はあかりを沖田に送る。
 
 沖田自身の体調も回復するのを自覚する。
 「君のおかげで血は吐かずにすんでるよ・・・ありがとう」
 桜に気持ちを伝えると、ぎこちなく笑う彼女を不思議に思った。
 
 「でもどうしたの?吃驚した様子だったけど」

 桜はびくりととする。
 
 「え・・・」
 桜の態度に沖田は彼女が何を隠しているのか興味を持ちはじめ、お互いの距離を縮める。
 
 縁側を支える柱に桜を追い詰めると、逃げられないように自身の身体をつかって退路を断った。
 
 桜の頭の上には剣で使い込まれた右手が彼の体重を柱で支え、顎は軽く左手で上へ向けさせられ、否応なく目前には悪戯に笑う沖田の顔があった。

 桜は眉と目を細めさせ軽く沖田を睨みつけた。

 「逃げないんだね」
 
 いい度胸をしてると思った沖田は彼女をぐしゃぐしゃにしてやろうという気持ちが湧きおこりつつ、桜の表情から眼をそらさなかった。
 
 「逃げるのに長けた君を追い詰めたのだから何かしなくちゃね」
 
 

 時間が無になる。音も感情も温もりも、それに溶けていった。





 「っ悪ふざけはやめてください!」
 桜の一括で目が醒めたのか、沖田はしかけた口付を寸善で止めてしまった。

 「君って子は・・・」
 
 桜の腕を掴みあげると、白くなって戻らない髪が沖田の眼に入った。
 
 ――――――土方も気付いている桜の髪。
 自分に力を使ってもらう様になってから始まった、髪の白化。
 すべて白くなってしまえばこの国を出ていかざるを得ない。
 彼女に愛しい人がいるのにもかかわらず。

 沖田の口元に笑みが浮かぶと失笑したような表情で―――。
 「ハジメ君とはどうなってるの桜ちゃんは」
  
 桜は沖田の手に捕らわれている顎をびくりと動かしてしまった。

 「きみの弱点は見つけたけど」
 沖田はころころと笑って見せた。
 
 桜はあきれ顔になったあと、溜息をついた。

 
 「沖田さん離してください・・・」
 
 「ああ、ごめん桜ちゃん。これを聞くのは・・・何回目だろうね?」


 
 やや桜の表情は少し下を向いた後、遠いどこかを見た。
 それを沖田は見逃さず、桜を見守った。

  
 
 

 

 
プロフィール

碧SAKURA

Author:碧SAKURA
アニメを見てから薄桜鬼のFANに。
ポテトと猫が好きな同人作家

斎藤さんひいきデスヨ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月刊アーカイブ
夢小説 置き場
工事中
DivideEntry
リンク
Twitter...

Twitter Reload

応援バナー