FC2ブログ

<隠しエモーティコン一覧>
・壁に頭をぶつける人 (headbang)
・禁止用語 (swear)
・頭悪いでしょ? (fubar)
・食事中のリス (heidy)
・見ていいのかなぁ (tmi)
・ウチのワンちゃんが何か? (toivo)
・虫 (bug)
・タバコ吸ってます (smoking)
・ヤバイ酔った… (drunk)
・プールに入ろうよぉ (poolparty)
・ドロボー! (bandit)
・ロックに行こうぜ! (rock)
・僕の全てを見てほしい (mooning)
・My Spaceやってる? (myspace)
・フ〇〇クユー (finger)


これをみてたらさのに会いたくなった。

丁度さのが好きな人にあいたくなってたのですが、

エンジェルカードをひくと

CreativeWriting






さのと桜の間でのやりとりや時間の中の輝きが未着手だった
そういえばずっとなにもでてこなくて

イメージをいくら広げても
闇のドームしか感じ取れなくて

彼をこのお話のなかで同幸せにしていこうか想像をふくらますと

遠い未来に出会う人


というフレーズにおちつきました。


さくらも太古から何代も続く血筋、家系をもっていて彼は桜の背負ったものの重みをかみしめながら、明日も見えない現実を間に、憧れを抱いて見ていました。

桜は一生懸命家族や仲間を探そうとし、つかまったり制限をかけられたりもしながらも、家族の暖かい血を強く求め続けていたのです。


お互い仲は最も不可侵で、大切で、夢で、憧れで、
夢が叶う遠い未来と、過去との狭間でであってるんですよね。

だから喧嘩もしないし、特に親密にもならならず、最初から家族のようですでに二人の間には夢がかなったという確信が、出会ったことで
必然的に、ストーリーに反映さえ、もたらされていたのだと思います。



そう考えると斎藤さんはどうなんだろう~w

桜が少しずつああしたい、こうしてみたい
、こうされてみたい、あんなことあったらいいな、日常的な幸せを感じ望めるようになってきたらと、ここへきて考えています。

最初から予定していたプロットどうりですが、ここであらためて考えてみると、佐野は外国で頭目という英雄になって、近藤さん、土方さん達が最も大切にしてきた夢を引き継いで叶えています。

そして日本への強い帰省本能。(・  ・`

ここまでかんがえるとオトメっぽさが外れてしまいますが(笑


遺伝子っつーのは強いなぁと
深々とした光を放つ
秋の満月を背に考えてしまうのでした。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

碧SAKURA

Author:碧SAKURA
アニメを見てから薄桜鬼のFANに。
ポテトと猫が好きな同人作家

斎藤さんひいきデスヨ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月刊アーカイブ
夢小説 置き場
工事中
DivideEntry
リンク
Twitter...

Twitter Reload

応援バナー